ホームページの自作ってあり?費用削減の中に思わぬ落とし穴があるかも?

ホームページを自作しようと思われる方、多いと思います。最近は制作するのにAIを活用したり、スマホ上で出来たりととても簡単になりましたよね。

ですが、弊社代表 森口、実はホームページの自作はあまりおすすめしておりません。メリットとデメリットを比較しながさその理由をご説明していきたいと思います。

メリット

費用を安く抑えることができる

とにかくこれが最大のメリットでしょう。費用を抑えたいがために、自作しようと思われる方が多いと思います。

と言いつつ、最低限

  • サーバー
  • ドメイン

の2つは用意しなければなりません。

ドメインの取得、サーバーのレンタルにも幾らか必要になってきます。ここでいくつかのホームページ制作サービスの年間使用料金を見て見ましょう。

ドメイン代サーバー代
or 使用料
年間支払い
金額
Wix1,500円程
/ 年
1,200円
/ 月
15,900円
Jimdo1,500円程
/ 年
1,590円
/ 月
20,580円
WordPress1,500円程
/ 年
1,320円程
/ 月
17,340円
BiNDup1,500円程
/ 年
2,480円
/ 月
21,260円
ES Computing
に依頼した場合
0円
/ 年
7,800円
/ 月
93,600円

Wix、Jimdoなど無料プランで制作することも可能ですが、「このサイトはWixで制作されています」といったメッセージが消せなかったり、WixやJimdoのロゴが消せなかったりということがありますので、可能であれば有料プランを選択したいところですね。

比較してみると、弊社に依頼するよりも、自作で作成した方が圧倒的に安いことがわかります。

ただ、結果的に、お金は出ていってしまうものです。

自分の好きなようにレイアウトができる

もしかすると強い思い入れがあり、どうしても自分で作りたい!と思う場合もあるかもしれません。そういった場合には自由に自作できるのは良いメリットかもしれません。

デメリット

制作に時間がかかりすぎる

自作ツールを導入したものの、操作方法がわからない、誰かに教えてもらわないと、自分で調べないと、というハードルから始まります。

そのハードルを乗り越え、ようやくデザインができるようになるわけですが、ここからの方が当然時間がかかります。

  • メニューはどうしたらいいだろうか
  • ページはどうしよう
  • レイアウトはどうしよう
  • 画像はこれを勝手に使ってもいいのかな
  • 文章はどんなものを書いたらいいのだろう
  • とりあえず形になったけどドメインの接続はどうしたらいいかな
  • これでちゃんと検索に引っかかるようになるだろうか
  • SEO的に適切な設定がはできているのかな
  • 全然アクセスがないけどどうやって解析したらいいんだろう

きっとこんな数々のハードルが待ち受けているわけです。本業でもないのにここに勉強の時間を使うのはもったいないと思うのです。

自己満足に走ってしまいがち 

このデメリットは意外と気づかない方も多いのかなと思います。

往々にして

自分が伝えたい情報とユーザーが知りたい情報

は異なるものです。

ですが、そういった「第三者的に見て自分のサイトはどうなのか」、をなかなか自分で客観的に見ることはとても難しいものです。弊社のWebサイトも同じ問題を抱えています。

ただ、やはりそういったデメリットを解消できるのは「外部のプロにお願いする」ということだとも思うのです。

飲食店様なら、「ユーザー様はきっと、これとこれとこういうコンテンツを知りたがっているはずなので、このようにレイアウトしましょう!」といった知見があるのが私共のような制作会社の強みでもあります。

もしくは、自分が知りえもしなかったようなことが実はユーザー様にとっていいと感じている部分だったりします。

トラブル発生時の対応が大変すぎる

  • ホームページが急に見られなくなった
  • サイトの表示が崩れて見にくくなってしまった
  • 操作方法が急に変わってわからなくなってしまった
  • ツールのサポートはレスポンスが遅く問題解消に時間がかかってしまう

これらのトラブルは弊社でもかなり多く相談をいただきます。

トラブルに直面した時、本業が忙しいと、やはりWebサイトは放置され、機会損失につながる場合があります。

そうなった時、もしかしたら、商談、来店する予定だったお客様を取りこぼしてしまうリスクがあるのはWebサイトの悪いところ。

常に公開ができていて、定期的なセキュリティアップデートに常に対応できるか?というと、忙しいから後回し、になってしまう自作ユーザーが多いのも実情です。

本業が厳かになってしまう

ここまでお読みいただいた方は既にお分かりになるかと思いますが、ここに来るまでにWebサイトのハードルは意外と高く、膨大な時間がかかってしまいます。

どれだけのPC操作に長けていた場合でも

  • 初回制作に15-30時間
  • 細かいところのメンテナンスに1回30分
  • トラブル発生時には2-3時間から半日

くらいの時間を要してしまうものです。

それは本業の手を止めてでもやらなければならないことなんでしょうか?

どの仕事をするのが大事なのか?という観点で見ると、本業を厳かにしてしまうのは非常に勿体無いと思うのです。

サイト回遊の導線が意識できない

自己満足に走ってしまう、というデメリットに近いですが、サイトを作る以上、ユーザー様にはいろんなページを見ていただきたいですよね。

ですが、自作の場合、そのユーザー行動に関する知見がない場合が多いと思います。

そのようなユーザー行動の解析情報を持っているのはやはり弊社のような制作会社やWebコンサルの会社です。

回遊を意識した導線を組むことができれば、ユーザーの情報取得が効率的になり、来店や問い合わせが増加しやすくなるのは言うまでもないことかもしれません。

わからないことが解決できない場合がある

わからないことが多いだらけでのトラブルは結局解決できないことがあります。トラブルを抱えたままWebサイトを公開しておくのは好ましくないですが、でも時間がないので放置しておくしかない。となってしまうのはリスクです。

Webサイトが正常に機能していないと

  • このお店やっているのかな?
  • この会社大丈夫かな?
  • なんか心配だな
  • サイトも古いしもう存在しないお店かもな?

といったディスブランディングになってしまうことも少なくありません。

放置、ダメぜったい!と言うことで、トラブルやわからないことは早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

Web制作事業をこれまで継続してきて、日々こんなことを思っておりますので執筆に至りました。

自作するのも良いですが、デメリットも多いため、できれば「信頼できるホームページ制作会社さん」に出会えるのが一番良い結果を産むのが会社経営や店舗経営なのかなと考えています。

弊社にご相談いただければ、無理にセールスをすることもありませんし、わからないことがあれば、丁寧に回答させていただきますのでお気軽にLINEをいただけますと幸いです。(弊社代表が空いた時間に回答させていただきますので、ほんとお気軽にLINEを飛ばしていただいてOKです!)

皆様の制作パートナー探しが上手くいきますようにお祈りしております。

ESコンピューティングへの
制作のご依頼はこちらから!

1営業日以内に、担当者より
ご連絡をさせていただきます。

事前にお打ち合わせ予定日・お時間を
指定いただくことが可能になりました!